情報は生ものと思って探すべき

不動産の情報を探す際、注意したいのがもうすでに先を越された可能性があることです。これまでは仲介業者に直接赴くか、不動産情報雑誌で探すのが常でしたが、最近ではインターネットでいつでも検索できるようになっています。つまりわざわざ出かけたり、雑誌を買ったりしないでも、自宅のパソコン、そして外出先でスマホなどから簡単に探せるようになったのです。つまり非常に多くの人の目に触れることになったとも言えます。簡単に探せるのはいいですが、このように多くの人が見られるようになったので、人気の不動産はすぐに決まってしまうことが多いのです。今ネットにのっていたとしても、すでにだれかが契約してしまった、もしくは今商談中である可能性もあるのです。同じ情報を多数の人が共有しているのでこういった事態が発生するのです。 つまり不動産は生ものと思って扱うべきなのです。いいなと思った不動産は往々にして他の人の目にも良く映ることが多いのです。そこで即決しろとはいいませんが、本当にその物件にしたいなら取扱業者に連絡をして内見の予約をすべきです。そこで予約が取れればまだ他の人に先を越されていないので安心ですが、内見をした人がいる可能性は高いのです。つまり、契約しようかどうしようか迷っている人がいる可能性も高いのです。内見していいと思ったらすぐそこで契約するのがいいのです。ただ、内見の結果思ったのとはちょっと違うという場合が問題です。これ以上の物件が現れることを期待してパスするか、もうこれでいいと決めるかそれは自分次第なのです。これ以上の物件が現れるかどうかわかりません。もっといい物件が出てくるかもしれませんが、ないかもしれないのです。それを決断するのは自分です。そこで迷っていると、次の人に契約されてしまう可能性もあるのです。ある程度の妥協をして決める、もしくは時間があるのならもう少し粘ってより理想の物件に巡り合うまで頑張るのか、どちらかになるのです。

不動産物件を探すときはその時に動くべし

不動産物件は、素早く動くことが大切です。例えば雑誌やネットで情報を見つけて気に入った物件を見つけたら、すぐに不動産屋に連絡して押さえてください。「ほかに良い不動産物件があるかもしれないから」と思って先延ばしにしておくと    ・・・詳細はこちらへ

Copyright (C) 不動産の情報を All Rights Reserved.